自動車に乗っている間

自動車の運転中の事故

自動車を運転中に携帯電話操作

自動車を運転中は運転に集中をしなければなりません。運転に慣れてくると携帯電話を操作しながら、電話をしながらなどの「ながら運転事故」が多発しています。自分だけは大丈夫、自分は特別と考えている人に特に多いのです。事故は起きるもので、未然に防ぐ努力をすることが自動車のドライバーに求めらています。常に飛び出しや割り込みに注意することはもちろんの事、初心者マークを付けて走行していた頃の気持ちを絶対に忘れてはいけません。現在スマートフォンアプリは所在地を基にしたゲームを多数発売されていますが、運転中はゲームを忘れることが強く求められます。

自動車運転中の携帯について

自動車運転中に、道を確認するために携帯のナビを見る人がいます。車にカーナビがついていない場合、スマートフォーンなどの地図が役に立ちますが、必ず車を停止させて、地図を見るようにしましょう。スマートフォンを身ながら自動車を運転していて、事故を起こしたら、100%の過失を認定されてしまう可能性が高いです。片手運転やわき見運転になる可能性もあります。片手運転やわき見運転は、事故を起こしていなくても、それだけでも違反となり、罰金がとられます。道路交通法は改正されるたびに厳しくなっている傾向があるので、注意しておきましょう。

自動車中の携帯情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 自動車の運転中の事故 All rights reserved